ダーツを始めた時、対戦している人達にかけられている【かけ声】に圧倒された事はありませんか?
初心者だと声のかけ方が分からず、場の雰囲気が悪くならないか心配になる人も居るかと思います。

そんな困った時は、良さげなアワードが出たら迷わず

「ナイスダーツ!!」

と言っておけば大丈夫(笑)
でも、ちゃんとメジャーな【かけ声】の説明を、これからしていきますね。

【ダーツ初心者講座】関連記事
>>ダーツ初心者講座 マナー編
>>ダーツ初心者講座 用品編

203B27D6-9B4D-41D6-8149-0F56140022C0



ソフトダーツの【かけ声】


もし、ダーツBARに初めて行ったとします。
するとダーツを投げている人に向けて、様々な【かけ声】が見ている人や対戦相手から掛けられます。

当然???ってなるし、場の雰囲気で怖くなるかもしれません。

でも【かけ声】の意味や、声を掛けるタイミングがわかるとダーツが楽しくなります。
若干地域によってかけ声が違う場合もありますが、ほぼ全国共通です。

声を掛けるタイミングですが、ダーツを3本投げ終わった時です。

ただしダーツ台が並んでいると、いろんなタイミングで投げているので、隣の人が投げているようなら声の大きさは少し控えめで。


まずこの3つを覚えましょう


最初にこの3つを覚えておけば、ダーツの【かけ声】で正直困りません(笑)
この3つのかけ声を使って、プレイヤーさんと仲良くなりましょう。

・ナイスハット又はハット
1ラウンドで投げたダーツが3本ともブルに入った時(ハットトリック)
ハットトリックは非常に気持ちが良く、このアワードを出した感覚がクセになってダーツを始める人も多いです。

・ナイストライ
ゼロワンのアレンジや上がりをするのに失敗した時、クリケットでオープン、カットに失敗した時励ます言葉。
挑戦する気持ちに敬意を払いましょう。

・ナイスダーツ
まさに最高に万能な【かけ声】です!!
ゼロワン、クリケット問わず、いろんな場面で使えます。
対戦後の挨拶や、対戦中の良いプレーには、積極的に使いましょう。
褒められて嫌な人は居ないですよね。

失敗した時に使うと、イヤミになるのでそこだけ注意。

よく使われる【かけ声】


ここからは良く使われる【かけ声】について、紹介していきます。

・ナイストン
1ラウンドで投げた点数の合計が100〜150点の時(ロートン)でハットトリックを除く場合です。
機種によっては101〜150点になります。

・ナイスハイトン又はハイトン
1ラウンドで投げた点数の合計が151点〜179(ハイトン)
ハイトンを使って、上手く上がり目をアレンジ出来る人はかなりの上級者!!

・ナイストンパチ
1ラウンドで投げた点数の合計が180点、20のトリプルに3本ダーツを入れる最高得点です。
ハードダーツやソフトダーツのセパブル設定の時は、これを積極的に狙います。

・ナイステンパイ
次のラウンドで上がれる可能性がある数字が出た時。
1ラウンドでも早く上がり目を出す事は、勝つ為にとても重要です。

・ナイグル(ナイスグルーピング)
狙いは外れているけど、投げた3本とも狭い範囲に集まっている状態。
練習する時には、まずグルーピング出来るようになると上達します。

・ナイスカバー
1本目、2本目が外れて3本目にブル等狙った場所に入った時。
諦めない気持ちが大事で、ズレを修正出来ると上達します。

・ナイアレ(ナイスアレンジ)
次のラウンドで上がりやすいよう、上がり目に整える事が出来た時。
良いアレンジをすると、対戦相手にプレッシャーをかける事が出来ます。

・ナイスアウト
ゲームをフィニッシュした時。
対戦相手を褒め称えましょう。

・ナイス〜(〜部分には数字1〜9が入ります)
クリケットゲームで、獲得したマーク数に応じてかけ声して下さい。

・ナイスオープン
クリケットナンバーに3マークして、ナンバーを開けた状態。
開けた状態で、さらにダーツを入れると加点出来ます。

・ナイスカット
相手が開けたクリケットナンバーに3マークして閉じた状態にする事。
クリケットゲームでは、閉めるタイミングは非常に大事です。

・ナイスキャッチ
狙いが全然外れたけど、高得点や違うエリアのトリプルに偶然入ってラッキーな時。
言われた方は、からかわれてると思ってしまう事もあるので、親しい人にだけ使う方が良いかもしれません。

気持ち良くダーツをするため


ざっと【かけ声】をあげてみましたが、結構ありますね。
ナイスハット、ナイストライ、ナイスダーツだけでも覚えておけば、困る事はありません。
他のかけ声は、自分がダーツをするうちに自然と覚えていけるので心配しなくても大丈夫です。

それと、投げてる最中の人への【声かけ】はマナー違反になるので、必ず3投目がボードに刺さってからにしましょう。

最初は恥ずかしいかもしれませんが、【かけ声】を自然と掛けれるようになると対戦相手との距離も縮まるので、ダーツはもっと楽しくなります。

あと1番大事なのが、対戦相手に対するゲームを始める時の、
「よろしくお願いします」

ゲームが終わった時の、
「ありがとうございました」の挨拶です。

ちょっとした事ですが、コミュニケーションは大事ですよ。

以上、「【ダーツ初心者講座 かけ声編】困った時はナイスダーツ!!」でした。