北海道のJR遠軽駅は、全国的にも珍しい列車がスイッチバック(進行方向が反対になる)する駅です。
おそらく座席を乗客が回転させるというのも、珍しいはず。
今回は、座席の回転方法の紹介です。
5AA3E68C-7F0D-45ED-A088-363BDBF5424A




スイッチバックする駅になった経緯


1989年に廃止された、名寄本線(名寄〜遠軽)に合流していたのが石北本線(新旭川〜網走)で、名寄本線の廃止に伴い、分岐部分の石北本線だけが残ったので現在は遠軽駅でスイッチバックする形になっています。

アナウンスが流れます


スイッチバックする時の、座席を回転させるタイミングについて、「前後のお客様とご相談の上、座席を回転して下さい」と乗務員さんからアナウンスが入ります。

誰かが回さないと、座席向かい合わせのボックス席が出来上がってしまいます。
みんなで協力して、座席を回転しましょう。

座席の回転方法


座席の回転方法について説明します。

1.座席横の下の方に付いている、フットレバーを踏む
17F6320E-BFFB-458C-80FB-6F3401E20CEC

BE8D1F3E-CF48-4E51-B323-6D49C79F1E0F


2.フットレバーを踏み込んだ状態で、座席を回します。
少し回れば、フットレバーから足を離しても座席は回ります。
意外と軽いチカラでクルリと回すことが出来ます。
59B7FA5A-F350-4F54-8120-0A192919E62A


3.フットレバーから足を外した状態で、座席を180°回すと「ガチャン」と座席がロックされます。
9760B254-CB54-43B2-BCCA-ED6736450E0D

はい、出来上がり。
これでスイッチバックの座席の回転対応は、バッチリです!!
意外と簡単ですよね。

戸惑っているお客さんも、たまに見かけるので、困っていたら教えてあげて下さい。

以上「【座席の回転方法教えます!】列車のスイッチバックがある駅」でした。