いざ大会になると

沢山の練習を重ねて、大会に向けて準備して、いざ大会当日試合になると頭が真っ白で、ダーツの飛びはめちゃくちゃ、フォームはガタガタ。

珍しい事ではありません!!

私もしばらくは、そんな感じでした。

緊張して頭の中がパニック、普段やってきた事はどこかに吹き飛んでしまいます。
BB38F950-C470-40CA-917C-3323DD76009D


ここでもメモが活躍

前回の[ダーツ練習の質を高める、お手軽方法]で書いた、メモのお話。

大会の時にも使えます。

やり方は簡単、普段のベストな状態を書いてしまうと言うもの。

・自分のスタンス
・ルーティーン
・狙い方
・ダーツを飛ばす時に気を付けている事

これくらいを、ザックリと出来るだけ簡素に書きます。

試合前に目を通すだけで、意識がメモに行くので多少は落ち着きを取り戻せるはず。

また、頭が真っ白でも文字情報が目から入るので、自分の投げ方を呼び起こすのに役に立ちます。


私のメモの使い方

ここ数年、大会に向けてのメモの使い方はこんな感じです。

1.大会10日前には、絶対に気を付けたいダーツを飛ばすポイントや意識する事を1〜2個決めてメモ

2.練習であまり余計な事はしないで、決めた項目を中心に練習

3.大会当日の朝、メモを見てイメージトレーニング

これが私の大会に向けての、メモを活用したルーティーンです。

これで大会でも、キッチリと投げる事が出来ています。

メモを書いて、見て確認する事で、緊張している時でも物事が整理出来たり、普段の自分を取り戻せたりするので、ぜひやってみて下さい。

手のひらに、人という字を3回書いて飲み込むと言う暗示よりは効果あると思ってます(笑)

いし、「ダーツ大会で頭が真っ白になってしまう[あなた]へ」でした。