この記事の使い方

1.このページをとりあえず、ブックマークする(これ重要w)
2.大会に行く時の電車の中で見て、アレンジをイメージする
3.大会の空き時間に見て、頭の中を整理する

すいません、自由に使って下さい(笑)
アレンジの仕組みは抜きにして、覚えておきたい数字だけをまとめました。
パッと思い出したい時に活用して下さい。
FDFBC5D1-C508-46CA-A69C-41FF3450480F


マスターアウトとオープンアウト、180以下の3本でフィニッシュ出来ない数字

179.178.176.175.173.172.169.166.163


ダブルアウト、170以下の3本でフィニッシュ出来ない数字

169.168.166.165.163.162.159


早い段階で揃えておきたい、一桁の数字

0.1.4.7


16〜20の各マーク数の得点

20 →1(20) 3(60) 4(80) 5(100) 7(140)
19 →1(19) 3(57) 4(76) 5(95) 7(133)
18 →1(18) 3(54) 4(72) 5(90) 7(126)
17 →1(17) 3(51) 4(68) 5(85) 7(119)
16 →1(16) 3(48) 4(64) 5(80) 7(112)


ダブルアウトなら4マーク+シングルブルも覚えておく事

20 →4(80)+25=105
19 →4(76)+25=101
18 →4(72)+25=97
17 →4(68)+25=93


広く狙える数字の並び

ダブルアウト、マスターアウト
4.10 (差は6)
8.16 (差は8)
4.18 (差は14)
7.19 (差は12)
3.17 (差は14)

オープンアウト
8.11 (差は3)
9.12 (差は3)
11.14 (差は3)
6.10 (差は4)
10.15 (差は5)
8.16 (差は8)
7.19 (差は12)


ここまでザックリと、数字を上げました。
どの数字もアレンジのルートを考える時に、必要となるので覚えて下さい。


キーとなる数字にかかわる、アレンジ記事へのリンク

ダーツアレンジの成功率を上げる考え方 シングルアウト32〜42

ダーツアレンジの成功率を上げる考え方 シングルアウト入門編

ダーツアレンジの成功率を上げる考え方 ブルからのアレンジ

ダーツアレンジの成功率を上げる考え方 ミスした時の保険

ダーツアレンジの成功率を上げる考え方 マスターアウトの場合


以上、「ダーツアレンジの覚え方 キーとなる数字のまとめ」でした。